包茎手術の方法はこんなにある!選択を間違えないようにしよう

大きくわけて2つの手術方法

メスを使う方法と、医療用接着剤や縫合によって包茎を治す2つの方法があります。痛いのを避けたいからメスを避けて、他の手段を選んでしまいがちですが、そのような選択をしてしまうと失敗することも多いです。包茎手術で大切なことは、目立ちにくく、そして自身が持っているコンプレックスを排除することになります。自分に合った包茎手術を選ぶことが大切ですので、希望よりも医師とカウンセリングを行い、自分に適した手術方法を選んでください。

包茎手術の種類を知ろう

メスを使うといっても切除や切開だけで済むなどさまざまな方法があります。一般的に選択されることが多いのが環状切開であり、あまった包皮を切除して縫い合わせる方法です。また包皮を切除せずに、切開をして亀頭が露出しやすくする手法も。また根本から包皮を切除し縫合することで、陰毛に隠れることから目立ちにくくする手術もあります。メスを使わない方法は安全のようにみえますが、真性やカントン包茎では適していないことも多いです。

良いクリニックでカウンセリングを受けよう

包茎は7割の日本男児が抱えている症状であり、コンプレックスを感じていない亀頭包皮炎などの症状がない場合は、そのまま放置しておくのもひとつの方策です。どうしてもコンプレックスを解消したい人が行う手術であることを忘れないようにしましょう。だからこそ失敗しないクリニックで手術を受けることが大切です。良いクリニックはカウンセリングが充実しており、患者が納得したうえで手術を受けられる体制が整っています。カウンセリングがひとつの判断基準になりますので、良くチェックしておきましょう。

日本人の約7割は包茎と言われています。7割の多くは仮性です。この仮性とは自分で剥くことができ、性行為に対してもまったく問題ないです。