BCP対策において大事なこととは!その方向性

データの保存がまずは大事です

BCPというのは、事業継続計画のことです。要するに様々な緊急事態に備えることをいいます。ビジネスにおいても色々な不規則に起きる可能性があるトラブルがあります。例えば、自然災害がそうですしテロなどもそうです。こうした事件や事故、災害に襲われますとビジネスの継続が難しくなります。そこで出来るだけ復旧を早くできるように対策をしておくわけです。その一つとしてデータを別のところに保存しておくことがあります。バックアップを取っておくわけです。

事業継続計画についてのこと

少しでも早く復興できるようにマニュアルを作るのも大事です。これは自治体でも行っていることであり、要するに災害マニュアルになります。かなり大規模に不特定多数に被害があるようなことの場合は、事業継続までにかなり日数がかかることになります。特にITインフラに関することはすぐに復旧できるようにしたほうがよいでしょう。なかなか難しいことではあります。ネットワークはともかくとして電力供給が断たれると一企業では難しいからです。

費用的にどの程度かかるのか

BCP対策というのは、はっきりいってかなりお金がかかります。しかし、一日一日、遅れることによって更に甚大な被害になることもあります。少なくとも対策マニュアルを作っておくことには価値があります。また、物資が必要であればその手配に関することも叩き込んでおくとよいでしょう。後は重要なのは燃料の確保です。それができますとかなりリスクが回避できるようになります。太陽光発電システムなどを導入するのもその一環です。

BCP対策とは事業継続計画のことですが、近年の異常気象による災害、テロ攻撃など緊急事態について多くの企業が関心を寄せています。