省エネと地球温暖化対策にはLED照明を有効!

LED照明器具と蛍光灯

LED照明は、照明器具の中でも一番電気の消費量が小さいものです。そのために省エネ効果が大きく期待できるものです。日常生活の中で、照明はどうしても必要なものですね。照明がなければ、とても暮らしにくいものです。家庭内はもとより、道路の照明や街灯など照明はどんなところにもあります。蛍光灯は白熱電球よりは、熱の発生が少なく、長持ちもするため省エネ効果がありますが、LED照明は更に省エネですから、地球温暖化などの環境問題の解決にも大きな期待をされています。

LEDのデメリット!

LEDは照明器具としては省エネのために、その点がメリットとしてあげられますが、実は欠点があります。その欠点とは、LEDは光が拡散し難いという特性をもっています。ですから、LED単体で、光を拡散させ広範囲を照らすことは不得意です。しかしながら、この短所については、うまく光を拡散させるようにさまざまな技術が開発されています。広範囲に照らす方法も完全に克服されてしまえば、省エネのメリットが大きいですから、照明としての選択肢はLEDのみになっていくかもしれませんね。

LEDの省エネ効果!

省エネは、何も節約という意味合いだけではなく、地球温暖化の対策としても有効なものです。地球温暖化の対策は、国や企業が主に行うレベルの対策と考える向きもありますが、それと同寺にLED照明が注目されているのも事実です。LEDの省エネ効果は大きなもので、蛍光灯の半分以上の削減ができると言われています。日常生活の中でテレビや冷蔵庫、エアコンの消費電力は大きいものですが、照明器具も大きな比重を占めています。LED照明の導入に伴い、二酸化炭素の排出量削減に貢献することでしょう。

長寿命で鮮やかな光源を持つことで人気のLEDライトパネルですが、その大きな特徴のひとつが紫外線を発しないことです。夜間に使用しても虫を呼び寄せないため、繁華街などで大きな利用メリットがあります。